--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/25 Tue  23:19
セイクリッドにて山陽2位、TCS5位をとったミラさんに聞いたことをまとめてみました。その1

デッキ解説【セイクリッド】

○投稿文字数の関係上、今回のセイクリッド記事はいくつかの記事に分けて解説することとします○

山陽CS、TCS6で僕が使用したデッキは、それまで環境には存在することのなかったセイクリッドです。
結果は山陽CS準優勝、TCS6では第五位と、まずまずのものだったと思います。
それまでテンプレートと呼ばれるレシピがなかった分、新たな環境のジャンルとして台頭させるために、いくつか構築段階でこだわった点があります。
今回の記事ではそれを説明していこうと思います。レシピに関しては、エントランスおよび前回の記事を参考にしてください。

第1章【概要】
まずセイクリッドと聞くと思い浮かべるモンスターはなんでしょうか。
そう、多くの方がセイクリッド・プレアデス(以下、セイクリッド割愛)をイメージしたことだと思います。
このデッキの主軸は間違いなくプレアデスであり、デッキの構築においても、プレアデスが擁立することをある程度前提としています。
エアーマンと同じ自身サーチ可の万能サーチモンスターであるシェラタン、優秀な展開機能を持つポルクス、グレディ。
そしてDSによって収録されたソンブレスのサルベージおよび追加召喚効果。
これらのモンスターを軸に、プレアデスをはじめとする強力なエクシーズモンスターを次々と展開し、局面を制圧することがこのデッキの勝ち筋です。

また、ハンド2枚から超展開し一瞬でライフを削り取る環境トップメタのゼンマイはガイドシャーク、そしてマジシャンシャークにより起動しますが、そのどちらに対してもプレアデス1体いるだけで完全にシャットダウンでき、圧倒的制圧力を誇ります。
ソンブレスの登場から、下級モンスターをある程度大切に扱う必要もなく、どちらかというとポルクスやグレディによる展開に相手の妨害を消費させ、その後のソンブレスによる切り返しをプレアデスによって行う、という2ターン2度、3度にわたって展開のプランを組み立てていくことがこのデッキを使用するうえで重要といえます。

第2章【採用カード解説】
☆メイン☆
セイクリッド・カウスト

このデッキの核となるモンスターであり、その効果は1ターンに2度までレベルの増減を行うことができます。
この効果が非常に強力で、場に1体のレベル4セイクリッドモンスターとカウストがいるだけでランク3~5の中から好きなエクストラを選択して場に送り出すことができます。
2枚を使って1体のエクシーズモンスターを繰り出していくこのデッキですが、非常に豊富なエクシーズ先を用意することで逆に局面によっては相手に返しを強要するなど、高い攻撃性能を秘めています。

セイクリッド・ポルクス
セイクリッド・グレディ

カウストと同じレベル4モンスターであり、その効果はどちらもハンドからセイクリッドを追加で場に送り出すことができるものです。
特にポルクスの効果は優秀で、例えば場にすでにカウストがいたとして、ポルクスを召喚したとします。するとポルクスの効果により無条件で通常召喚の権利が増え、ここで一度、ポルクスカウストでエクシーズを行います。相手がここに罠を合わせてきたならば、すかさず増えた召喚権を使いソンブレスを叩き込み、もう一度エクシーズを行います。2度にわたる波状攻撃が可能となります。
もちろんメイン1で召喚。増えた召喚権をメイン2で使用することも可能ですので、覚えておきましょう。
主にカウストを場に送り出し、ランク3~5の中から選択してエクシーズを行います。

セイクリッド・ソンブレス

DSによって新たに登場したセイクリッドモンスター。
効果は非常に強力で、墓地コストによりサルベージ。そして追加召喚を行うことができます。
セイクリッドはこのカードが非常に重要で、普通ならアドを失うエクシーズを、このカード一枚で実現できるため、高いカウンター性能と巻き返しの能力を保持しています。
デッキ全体を通してのプレイングもこのカードの効果を最大限に引き出していくものとし、デュエル中いつ引いてもプレイできるように考えておかなければなりません。
また、サルベージ能力はもちろんエクシーズモンスターを回収することも可能で、3回目のプレアデスやその他の墓地に行ったセイクリッドを繰り出したいとき、エクシーズを回収してから追加召喚を行うことで回収したエクシーズを展開することも可能です。
回収したモンスター以外も追加召喚できるので覚えておきましょう。
ポルクス、グレディ、ソンブレス→グレディorカウストと繋げれば1ターンで4体、5体ものモンスターを展開することも可能で、場合によってはこれだけでデュエルを制することもあり、非常にトリッキーな運用が可能です。

セイクリッド・シェラタン

自身もサーチ可能な万能のサーチモンスター。
単体としてのスペックおよびレベルも3でかみ合いも薄いですが、このモンスターは2枚で動いていくセイクリッドの弱点を補うものであり、なによりシェラタンを回すだけで自然とソンブレスの使用回数が上昇していきます。
シェラタン→シェラタン→ソンブレス→ソンブレス効果から再びシェラタン。
この流れの実現は制圧力こそもちませんが、単純なアドバンテージの獲得を行うことができるものであり、デッキ全体を回していく上で、非常に強力で手堅いものとなります。
シェラタンが生き残れば、カウストとともにたった1枚のハンド消費でランク3~4を行うことができ、シェラタン2体で、ハンド消費0でゼンマインを繰り出すこともできます。
相手の複数の伏せにも突っ張っていける初動であり、メインから搭載されている激流葬との相性も最高です。

オネスト

ゼンマイ、マーメイルのようなデッキだけでなく、最近はヴェルズ、ヒーロー、ガジェット、炎星、ラギアなど様々なビートダウンを行うデッキが存在し、戦闘を介することはよくあります。
デッキの性質上、モンスターを維持し続けたいデッキであるので、メインとの相性は抜群です。
サイドアウトすることもほぼありません。
文句なしの採用です。

暗炎星-ユウシ

テンキはレベル4以下の獣戦士族モンスターをサーチしますが、セイクリッドにはサーチ対象がカウストしかなく、サーチの幅として考えられたのがこのユウシです。
効果もテンキを墓地に送って相手のモンスターを破壊と戦闘ダメージによりテンキをセットできます。
これは非常に強力な流れで、相手の先行ギアギガントXをテンキ1枚で返すこともできます。
そして、現環境のゼンマイ、マーメイルの基本打点は1600以下であり、ほとんどのモンスターをユウシは超えるため、戦闘ダメージも与えやすく、テンキのセット効果は、後続のカウストを保証します。
サイド後も比較的投入率が高いスノーマンイーター等の伏せモンスターへの解答にもなり、これほど投入してみてよかったと思えるカードもありません。
激流葬を突き通した後にただ殴るだけでアドバンテージを発生させ、カウストのサーチはもちろんソンブレスの効力を高めることにも繋がります。
被ると召喚権の問題も発生し、エクシーズに関しても、炎属性であるがゆえに選択肢が限られるため、採用は1枚で控えています。

炎舞-天王幾

新弾で登場した獣戦士族をサーチする永続魔法。
サーチ先は主にカウスト、ユウシとなります。基本はカウストですが状況に応じてユウシを引っ張ってきます。
このカードが登場するまでは先行のプレアデスが効果によりアドバンテージを獲得することはありませんでしたが、永続魔法であるがゆえに、先行でアドバンテージを獲得可能になりました。
ポルクスorグレディ+テンキというハンドならば間違いなく先行プレアデスを擁立しに行きます。

増援

サーチ対象はポルクス一択ですが、ポルクスの能力は非常に強力であり、エクシーズを連打しなければならないこのデッキにおいては必須カードです。
幅を持たせるためにフォトンスラッシャーの採用をしている方もいるみたいですが、フォトンスラッシャーとポルクスでは単体の性能以外では明らかにセイクリッドであるポルクスが強いため、さらには環境のトップメタであるゼンマイ、マーメイルを意識した結果、必要がないと判断しました。
スラッシャー+セイクリッドでのエクシーズではセイクリッドモンスターを出さない限りソンブレスの効果を起動できませんが、ポルクス+セイクリッドならばエクシーズモンスターが除去されてもすかさずソンブレスを起動できます。

禁じられた聖槍

デッキを運用していく上で、カウストに奈落を合わせられることが非常によくあったのと、ソンブレス単体に除去を充てられることが少なくない数あったため採用しました。
結果的には成功であったといえ、このカードで展開を突き通し、拾った試合も数えきれないくらいあります。
また、最近はメインから強制脱出装置が採用されることがほとんどで、サイドを含めると次元幽閉まで検討しなくてはなりません。
禁じられた聖衣を採用していない理由はそこにあり、サイド後も除去からモンスターを守るためにサイドアウトすることはありません。
ユウシとの相性もなかなかのものであり、ゼンマイの先行ルーラーも適当なセイクリッドとこれだけで返せることがあります。

死者蘇生

切り札です。
蘇生対象としてはソンブレスが強力ですが、何を蘇生しても強いです。
2枚で1体のエクシーズを繰り出すため、このカードがあれば円滑にエクシーズを進めることができます。

大嵐
サイクロン
神の宣告
神の警告

特に説明する理由もないかと思います。

奈落の落とし穴

環境的にマーメイル、ゼンマイには微妙に感じてしまう1枚ですが、現環境はさまざまなデッキが存在し、これだけ多様化が進んだ中でも、ほぼ必ず対象が存在する奈落の落とし穴はデッキを丸くしていく上では必要かと思います。
セイクリッドが苦手とする暗黒界の龍神グラファやマシンナーズ・フォートレスに対する解答にもなっているため、採用しています。
対ビートダウンにも抜群の安定性を誇ります。

(2)に続く。
スポンサーサイト

第2回山陽使用デッキ ≪    HOME    ≫ セイクリッドにて山陽2位、TCS5位をとったミラさんに聞いたことをまとめてみました。その2

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

第2回山陽使用デッキ ≪        ≫ セイクリッドにて山陽2位、TCS5位をとったミラさんに聞いたことをまとめてみました。その2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。